船橋のローカル情報をお届けします。

トレたマッキーvol.76 ~驚きで記憶に残るお店に「FUNABAR(フナバル)」~

ついにBARデビューを果たしたマッキーです。

今回取材させていただいたお店はJR船橋駅から徒歩3分のお店「FUNABAR(フナバル)」

IMG_45124083498557

お店に入る前に目に付くカジュアルな看板。
「ワンコイン」という表記が印象的なお店です。

「安さが売りなのかな」という思いを抱いたままぜひお店に足を運んで欲しい。

なぜなら、それはお店に入った瞬間に分かります。

みなさんは一般的に安いというお店はどのような店内を想像するのでしょうか。
僕には、入った瞬間に「驚き」が。

ワンコインで食べれるお店というイメージとは少し違う、本格的な雰囲気のお店。

「もともと、自分の家をデザインしてもらった設計士に今回のお店を作ってもらいました。
こちらの想いを存分に伝えて作ってもらっただけあり、いいものが出来たなと実感しています。」

と、店長の里中さんが語るように、目指していた「本格的な」雰囲気を演出することに成功したそうです。

確かに、ひとつひとつは安いけれど、この雰囲気の中、少し背伸びしていいワインを頼んでしまうのも、うなずけます。

気軽に入ってもらいたいけれど、驚きを提供したい
という里中さんの考えがお店の随所にちりばめられています。

例えばメニュー。

ピザが数種類すべて500円なのも驚きですが、僕にとって一番の印象に残ったものは、
「カキ」
なんと、2つで500円。

P1130286

この値段をお店で聞いたことが今までありませんでした。
この値段で提供できるのは、里中さん自身の地元から直接取り寄せているからこそできる価格とのことです。

そしてなぜ、「驚きを提供」したいと里中さんは語ったのでしょうか。

「お客さんに驚いてもらうことで、記憶に残ることができるんです。
せっかく、お店に来て食べてもらうのだから、お客さんがお店から帰って食事を振り返ったときに、
”どこかなんかのお店でご飯を食べたな”なんて思われるよりも、
”あそこのお店のあのメニューが美味しかったよね”という会話をしてもらいたいんです」

と、驚きが記憶に残るきっかけとなることで・・・

そんな里中さんから最後に一言。

「ぜひ一度、来ていただいて確かめてもらいたいです」

20140222_193251

FUNABAR(フナバル)。船着場という意味を込められてつけられた店名。
その店名のとおり、あなたも一度、ふらっと気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

FUNABAR(フナバル)
営業時間:17:00~25:00(L.O.24:00)
住所:船橋市本町1-11-27 時田ビル2F
アクセス:JR船橋駅南口より徒歩3分
お問い合わせ:047-401-3980
facebookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です