船橋のローカル情報をお届けします。

【まちゼミin西船橋】第一回『楽しく!美味しく!!焼くお好み焼』講座@やのや 参加レポート!

やあ。船橋市民のメイツたち。
脳細胞はトップギアかい?

私の声を再生するときは
是非クリス・ペプラーの声をイメージしてほしい
町の情報屋F(エフ)だ。

さあ今日は体験レポートをお伝えしよう。
以前もジモバナ内で話題にした
「得する街のゼミナールin西船橋」のプログラムの中から
『楽しく!美味しく!!焼くお好み焼』講座に参加してきたぞ。

2014103017010000.jpg

場所は西船橋のお好み焼き屋「やのや」さん。
賢いメイツたちならおわかりかと思うが、
今回の講師はアート書道家でもある矢野華風さんだ。

 

 

2014103016010000.jpg

今回の参加メイツは4人。
まずは「お好み焼きとは?」という座学からスタート。
あらかじめ用意されていた資料を手に、
華風さんがお好み焼きの歴史などを語ってくれた。

お好み焼きのルーツと言えば、
私は池波正太郎氏のエッセイなどに出てくる「どんどん焼き」が浮かぶのだが、
実際はもっと古く、安土桃山時代に千利休考案した
「麩のやき(ふのやき)」が元となっているそうだ。

庶民のものというイメージのあるお好み焼きだが
意外に古式ゆかしい歴史があるんだね。

 

 

2014103016030000.jpg

さあ、座学の後は実際にお好み焼きを焼いて楽しもう。
私はプレーン生地の豚をチョイスしたよ。

 

 

2014103016040000.jpg

まずは熱した鉄板に油をひこう。

 

2014103016030001.jpg

それでは生地をまぜて焼こうか…と思ったら
まだ生地は混ぜないと華風さんの教え。

 

 

2014103016060000.jpg

まずは具材を塩コショウでいためるのがプロの技だそうだ。
肉、魚介など、メインになる具材は先に焼こう。

 

 

2014103016080000.jpg

焼いている間に生地を混ぜよう!
この混ぜ方にもコツがあり、器の底から持ち上げるように
生地で具材を包みこんでざっくり混ぜるそうだ。
何度も混ぜるとキャベツなどの水分が出てしまうので、
あまり混ぜ過ぎないのがポイントだ。

 

 

2014103016100000.jpg

混ぜた生地に焼けた具材を投入し、再度ざっくり混ぜる。
いよいよ焼きとなるわけだが、その前に具材を焼いた鉄板を
ヘラで掃除しておくと、お好み焼きがコゲつきを防げるそうだ。
油が足りなくなったら、もう一度薄く引いておこう。

 

 

2014103016160000.jpg

さあ、いよいよ焼きだ。
まず器を逆さにし、生地を鉄板の下に落とす。
ついつい広げたくなるのを我慢し、周りをまるく整えるだけにする。
わりとこんもりした状態にするのがコツだそうだ。

…が、肝心の写真がなかった。申し訳ない。

最初に落とした状態でじっくり焼き、
ヘラを下に差し込んでそれっとひっくり返す。

あとは裏側が焼けるのをいい子で待っていよう。
ここでヘラを持ってペンペン叩きなる気持ちは分かるが
そうすると「ふんわり」としたお好み焼きにならないそうだ。

 

 

2014103016240001.jpg

ある程度焼けたら、ソースをたっぷりかけ、
マヨネーズで飾り、鰹節を青のりを振りかけよう。

ちなみにやのやのソースは秘伝のブレンドだそうだ。

 

2014103016240002.jpg

さあ、これで完成。
あとは美味しく頂くだけだ。

ここまで見ていただいてお分かりかと思うが、
具材炒めたり、鉄板を掃除するなどのポイント以外は
あまり手間ヒマをかけずかつ、手早く済ます事により、
ふんわりふっくら、まるでプロ仕上げのお好み焼きが完成する。

 

2014110321280000.jpg

焼いている間は叩かない、というのは知っていたが、
ひととおりプロにコツを教わる事により、
今までとは違うお好み焼きが焼けそうだ。

矢野さん、共に学んだメイツたち、たのしいひと時をありがとう!

おそろいのエプロンを記念にもらったので
今度お好み焼きを焼く時はこれを着用しようと思う。

「まちゼミ」ではまだまだ楽しい講座がたくさんあるぞ。
下記を参照にして、プロの技を学んではいかがだろうか?

http://funabashi.mypl.net/jimobana/2014/10/06/machizeminishifunabashi/

 

ちなみには500円の材料費がかかっている。
講座によって持ち物や費用などが変わってくるので
その辺のきちんとチェックしよう!

それではメイツたち、
お好み焼きが食べたくなったら、いつでも私に言ってくれたまえ!
はっはっはっは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です